脂肪冷却

脂肪冷却で失敗したくない!施術前に確認したい効果や値段まとめ

更新日:

脂肪冷却(脂肪冷却痩身)って一体なに!?

脂肪冷却はどういう原理で痩せるの?基礎知識を学ぼう

脂肪冷却とは「クールスカルプティング(クルスカ)」「フリーズファット」とも呼ばれる、アメリカ生まれの新しい部分痩身術です。エステサロンや美容外科で施術を受けられます。

脂肪冷却なら「脂肪だけ」を分解して排出できる!

脂肪冷却は、お腹や脚など「脂肪が気になるところ」に取り付けて施術をするため、ピンポイントで脂肪を減らせる部分痩身術です。

通常のダイエットでは「脚だけ痩せたい」「胸は残して腕だけ痩せたい」といった部分痩せは難しいのですが、脂肪冷却ならそれが叶えられます。

部位によって変えられるアプリケーターが5種類あり、腹部や太ももだけでなく、今まで施術が難しかった二の腕や内もも、あご下にも対応しています。

脂肪細胞を死亡させて痩せる!?

水は0℃、血液は-18℃で凍ってしまうのに対し、脂肪はわずか4℃で凍ります。この温度差を利用したのが脂肪冷却の仕組みです。

凍らせた脂肪は細胞が壊死して老廃物となり、数ヶ月かけて体外に排出されます。

脂肪細胞そのものを壊死させているので”リバウンドしにくい”のがメリットですが、効果が表れるまでに数週間〜数ヶ月かかってしまうのがデメリットでもあります。

効果や安全性は人によってバラバラ!副作用もあるってマジ?

脂肪冷却の効果や安全性は、その人の体質や機器の性能によって個人差があるので、「すぐに効果が出て痩せた!という人もいれば、「全然効果がなかった」という人もいます。

施術中、冷たさや痛みを感じることがあるほか、施術後に内出血や赤みが残ることはありますが、通常であれば1時間〜数日程度で消えてしまいます。

ですが、粗悪なエステサロンで施術を受けたせいで、色素沈着や凍傷、鈍い痛みが続いてしまったという副作用も報告されているので、信頼できるサロンや美容外科を選びましょう。

カウンセリングから施術後まで脂肪冷却の流れ

脂肪冷却を行う際の流れはエステサロンや美容外科によって異なりますが、おおまかな流れとしては以下の通りです。

  1. カウンセリング
  2. 保護シートをして機器を装着
  3. 施術

施術には1時間程かかりますが、最中は寝転がっているだけなのでリラックスできます。保護シートのおかげで痛みもないので、寝てしまう人も多いそうです。

施術前・施術後は、2時間程度は栄養の吸収率が高くなるため食事ができません。また、施術当日〜数日はカロリーの高いものも控えましょう。

脂肪冷却の効果とメリットは?

自然にゆっくりと痩せたい人は脂肪冷却の治療がおすすめ!

脂肪吸引では一気に脂肪を抜き、すぐに痩せるため「なにか手術でもした?」とバレてしまいますが、脂肪冷却の場合は自然にゆっくり痩せられます。

難しかった部分痩せができる!

通常のダイエットでは「脚だけ」「お腹だけ」といった部分痩せは難易度が高く、成功しにくいのです。

ですが、脂肪冷却ならピンポイントで施術できるので、部分痩せが叶います。

脂肪冷却はリバウンドしにくい

脂肪冷却は「脂肪細胞そのものを冷却して壊死させる」痩身方法なので、リバウンドしにくいのが特長です。ただ、暴飲暴食をすれば当然リバウンドしてしまうのでご注意ください。

頻繁に通わなくてもOK!

脂肪冷却は1回で効果が出るわけではありませんが、施術回数は数回でOKです。すぐに効果が出るわけではなく期間を空けて施術を受けるため、頻繁に通う必要はありません。

脂肪冷却の効果とメリットをまとめると…

脂肪冷却は自然なスピードで部分痩せができ、リバウンドしにくい痩身方法です。

すぐに体型が変わるわけではありませんが、2〜3回施術すれば何度も通わなくて済むため、他のエステより安く済むこともあるようです。

脂肪冷却の副作用とデメリットは?

「痩せた!」と効果を感じられるまでに時間がかかる

脂肪冷却のデメリットは、目に見えて脂肪の減りを感じるまでに時間がかかることです。

冷やされた脂肪細胞は破壊され、体に吸収されなかった栄養と一緒に老廃物となり、体の外に排出されます。

水をよく飲むようにしたり、施術の翌日からよく身体をあたためるようにすれば、代謝がよくなり痩身効果を上げられますが、それにも限界があります。

顔周りはできない?脂肪冷却できる部位が限られている

アプリケーターによっては施術できる箇所が限られています。カップ式の吸引アプリケーターの場合、サイズによっては顔・二の腕の施術ができない可能性があります。

プレートタイプのアプリケーターなら顎下や二の腕にも施術できるので、対応しているアプリケーターはあるか、予約の際にあらかじめ施術したい箇所を相談しておきましょう。

また、腎臓に負担がかかるため、1日に施術できる回数が限られているところもあります。

お腹を冷やすとゆるくなる…という方は要注意

お腹を冷やすと痛くなるという人は、脂肪冷却を避けた方がいいかもしれません。

脂肪を冷やすとはいえ、お腹の脂肪を取る場合は皮膚の上からお腹を冷やすことになり、施術後はしばらくお腹のあたりが冷たくなります。そのため、施術後はお腹がゆるくなる方もいるそうです。

脂肪冷却の効果や安全性は人によって様々?副作用や事故の体験談も…

脂肪冷却は確実に痩せられる方法ではなく、効果や安全性には個人差があります。

脂肪冷却をする際、吸引タイプの機械を使うと内出血が起こる可能性や、お腹がゆるくなってしまうこともありますが、数時間〜数日で消えるものなので、重篤な副作用はありません。

ただし、粗悪なエステサロンや家庭用機器でセルフ施術をし、火傷をしたり凍傷になったりといった体験談もあるため、信頼できるエステサロンを選びましょう。

確実な効果を得られる施術はかなり高価

脂肪冷却の平均価格
マシンの性能や施術箇所、初回割引などで値段は大きく変わりますが、「一度試してみたい」という程度であれば、クーポンなどを利用してエステサロンなら1回5,000円前後で体験できます。

ですが、より効果や安全性の高い美容外科クリニックでの施術だと数万円、高いところだと10万円以上もかかります。

安全性や確実性を求めるなら美容外科がオススメですが、できるだけ費用を抑えたい、一度試してみたいという気持ちなら、エステサロンでも十分効果があるでしょう。

脂肪だけを凍らせる装置って?有名な脂肪冷却マシンをご紹介

脂肪冷却に使う装置は大きく分けて2通りあり、1つはカップを使って脂肪を吸い上げて冷やすもの、もう1つは平らなプレートを使って脂肪を冷却するものです。

どちらも皮膚の表面から脂肪を冷却するため、メスや針は一切使いません。痛みを感じることもほとんどないので、安全性の高い施術です。

有名な装置をいくつかご紹介していきます。

Cryo-μ(クライオミュー)

Cryo-μは吸引式の脂肪冷却マシンで、医療用ではないため幅広いエステサロンで使われています。カップ(アプリケーター)の大きさは大・中・小の3種類で、お腹と太ももに対応しています。

カップ式は、強力な力でお肉を吸い上げるため、まれに痛みを感じる人もいます。また、すぐに消えるとはいえ施術後に赤みや鬱血が出ることも多いのがデメリットかもしれません。

プレート式にも対応しているので、吸引するのが難しい二の腕やふくらはぎへ使用する場合もあるようです。

ZELTIQ(ゼルティック)

ゼルティックもカップ式の脂肪冷却マシンです。

厚労省にも認可されている医療機器なので、美容外科など医師のいる施設でしか施術できません。医学的根拠があり信頼性・安全性も高いのですが、その分1回の施術が高額です。

CRY-O(クリオ)

こちらはプレート式の脂肪冷却マシンで、エステサロンなどで施術を受けられます。プレートをベルトなどで痩せたい箇所に巻きつけるので、吸引式のように鬱血することがなく、脂肪の少ない部位にも使えます。もちろん痛みもありません。

脂肪冷却で失敗したくないなら?最大限の効果を得るために注意するべき3つのこと

施術した直後は体を温めてはいけない!

脂肪冷却の施術後は、身体を温めてしまう岩盤浴やサウナ、激しい運動は禁止です。

シャワーや湯船にさっと浸かる程度の入浴はOKですが、できれば施術当日は避けた方がいいでしょう。

施術前・施術後はカロリーの高い食事を食べちゃダメ

脂肪冷却を受ける前後は、栄養の吸収率が高くなってしまいます。

そのため前後の食事はカロリーの高いものは避け、施術直後も2時間程度は何も食べない状態をキープしておきましょう。

施術したところが赤くなるのは心配しなくてOK!

脂肪冷却をカップ式の機器で行う場合、カップで吸引した部分が内出血して赤くなります。1時間から数日で自然に消えますが、個人差があるため大事な予定の前は避けた方がよさそうです。

失敗しないために…「こんな人は受けてはダメ」!

こんな人は脂肪冷却で効果が得られず失敗するかも?

即効性を求めているなら他の方法を!

脂肪冷却に即効性はなく、すぐに体型が変わることはありません。「○日までに痩せたい…」といった期限付きの目標がある方は、他の方法を試しましょう。

脂肪冷却で体重は減らない!

脂肪冷却はあくまでサイズダウンを目的とした痩身方法で、大きく体重を減らすものではありません。

むしろ「体重は減ったけど、見た目は確実に細くなった」ということもあるようです。

脂肪を減らす効果があるため、その分体重が減ることはありますが、減量を目的としているのであれば脂肪冷却以外の方法が良いでしょう。

失敗する前に!実際に脂肪冷却を体験した口コミをチェック

脂肪冷却ダイエットに大成功した人の体験談

もう脂肪吸引しかないと思ってたけど…

年齢とともに代謝が下がり、太っていく自分の体がイヤで、この5年間様々なダイエットに取り組んでいましたが…どれも失敗続き。キャビテーションも受けてみましたが、あまり効果はありませんでした。「もう脂肪吸引しかない」と思っていたときに出会ったのが脂肪冷却で、施術を受けてすぐ代謝が上がった実感がありました!それからはあまりお腹がすかなくなったこともあり、部分痩せだけじゃなく全身痩せにも成功。効果が出るまでには2ヶ月ほどかかりましたが、大満足です!

「もしかして私にピッタリじゃない?」と思って挑戦

運動は苦手だし、食事制限も上手くいかない。ダイエット飽きたな〜なんて思ってたときに、ネットで見つけたのが脂肪冷却でした。寝ているだけでOKなのに脂肪が減っていって、更にリバウンドしにくいなんて私にピッタリじゃん!でもいざ受けてみても「これほんとうに効果ある?」って感じ。が、一応毎日ウエストを測ってたらみるみるうちに数字が減っていって感激しました!次は足かな〜。

代謝が上がって水をよく飲むようになり、全身痩せに成功!

脂肪冷却って身体を冷やしてしまうわけだから、血行とか冷え症とかに悪いんじゃないの?と思ってましたが、施術後はなんだか代謝が上がって、体が熱くなって喉がカラカラになりました。普段あまり水を飲まないので「施術が終わったらよく水を飲むようにして下さい」と言われて不安だったんですが、そんな心配は要らないくらいガバガバ飲んじゃうように。水でお腹いっぱいになるからか、空腹感も減って食べる量も少なくなり、かなり痩せましたね。

大食らいだった私が「食べなくてもいいや」と思えるように

週1ペースで施術を受けています。脂肪冷却後2時間は食べない、カロリーの高いものは避ける というきまりを守っていたら、意識したわけではないですが「食べなくてもいいや」と思えるようになりました。脂肪冷却のおかげで意識まで変わったような気がします。

周りの人がびっくりするほど痩せられました!

施術を受けてまだ数ヶ月しか経っていませんが、今まで履いていたデニムがぶかぶかになるほどサイズダウンしました。ぽっちゃりキャラで通っていたのに、職場でも「最近とっても痩せたね?ちゃんとご飯食べてる?」と心配されるほど。ちゃんと食べてますけどね(笑)

私と同じ40代くらいの年齢の方に試してほしい

40代を超えてから、運動してもカロリー制限しても「痩せにくさ」を感じていましたが、脂肪冷却を受けてからはみるみるうちに脂肪がなくなっていきました。同年代の友人と集まると「最近痩せにくくなった」って人は多いので、同じ悩みの人には「脂肪冷却よかったよ」ってオススメしてます。

冷却マシンが空いている日時の確認が簡単だった

私が行った脂肪冷却サロンは、冷却マシンが空いている日時の確認がホットペッパービューティーで簡単に調べられたので、予定が空けやすくてよかったです。

予約の電話でもしっかり説明してくれて安心

脂肪冷却なんてやったことも聞いたこともなかったので、エステサロンに直接電話して簡単な説明を受けました。サロンでもはじめにしっかり説明してくれたし、不安なところは全部答えてくれたので好感度が高かったです。勧誘はありましたがしつこくなかったので、自分が納得できる範囲で追加契約もしちゃいました。

プレート式のCRY-Oは顔のダイエットに使えた!

私が受けた脂肪冷却のマシンは「CRY-O(クライオ)」というプレート式のマシンでした。カップ式の脂肪冷却を受けたとき、鬱血がなかなか消えなかったのがイヤでこちらにしましたが、もともと脂肪が少ないところにも施術できたのでよかったです。フェイスラインがスッキリしたのが嬉しい!

東京・埼玉なら脂肪冷却痩身エステや脂肪冷凍サロンが多いけど

東京や埼玉などの都心なら、脂肪冷却専用のサロンや美容外科もたくさんあるみたいなんですけど、私の住んでる地方ではほとんど見つけられなかったです。。私はそのうち1店舗で施術を受けましたが、他に選択肢があれば比較検討できたのになって思ってます。田舎だと脂肪冷却ができるサロン自体が少ないみたいだから、自分の住んでいる地域で施術を受けられるかどうか、は重要なポイントなのかも。

脂肪冷却の症例や口コミを見たいならこのサイト

かわいい♥TMK36

https://tmk36.com/bileg-diet/esthe-trial/du-ranta/
エステ体験はしご専門家の覆面はしこさんは、脂肪冷却に限らず様々なエステを体験し、経過報告や感想(口コミ)を詳細にまとめています。やったことがない方もわかりやすいサイトです。脂肪冷却を知りたい方は一度見てみるとよいでしょう。

美容外科のサイト

メニューに脂肪冷却がある美容外科のサイトなら、機器の説明から痩せる仕組みまで、かなり詳しく書いてあるのでオススメです。エステサロンで施術を受けるつもりでも、一度目を通してみては。

脂肪冷却と脂肪吸引はどちらがおすすめ?リスクと口コミでチェック

脂肪冷却と脂肪吸引、一見同じ脂肪をどうにかする施術ですが、その効果やリスクは全く違います。

脂肪吸引は針やメスを使う大掛かりな手術で、失敗談も多い一方、脂肪冷却は数時間で帰宅でき、ダウンタイムはなく、リスクも少ないのが特長です。

脂肪吸引の口コミを見ながら、脂肪吸引のリスクについて考えてみましょう。

脂肪吸引に失敗した人の口コミ

産後のだらしない身体を絞ろうとカウンセリングに行ったけど…

出産後、まだお腹にいるのでは?ってくらい太ってしまい、旦那に注意されて一気に減量。体重は減りましたが、脂肪だけが残りだらしない体つきになってしまいました。そんなとき、美容外科に勤める知人に勧められたのが「脂肪吸引」で、カウンセリングだけでも…というので行ってみました。「できるだけ早い方が効果が高い」「今ならこの価格で」といって強引に勧めてきて、失敗したときのリスクを教えてくれないのが怖かったので断りました。家に帰ってから調べてみると、死亡事故の例もあったので、契約しなくてよかったとホっとしています。

脂肪吸引で美脚になると思っていたのに大失敗

足が太いのがコンプレックスだった私。毎晩着圧タイツを履いたり、ウォーキングをしたり、足やせに効く!と言われた方法をたくさん試しましたが、コンプレックスは増すばかりでした。私の救世主だったタイツブームが終わり、足の露出がトレンドになりつつあったとき、「もうこれしかない!」とバイト代をつぎ込んで脂肪吸引を受けました。しかし、麻酔注射をしたのが新人さん?だったようで上手く行かず。施術後も足の形がボコボコになったり、浮腫んだり、手術跡が目立ってしまったりと、美脚にはほど遠く後悔することばかりです。やらなきゃよかった。

脂肪冷却に失敗した原因5つをまとめてみた

施術回数が少なすぎると失敗する

脂肪冷却は何度も通わなくていいのがメリットではありますが、たった1回で効果が出る人はほとんどいません。2〜3回は継続して受けたほうがよいでしょう。

施術時間が短いと失敗してしまう

脂肪冷却は皮膚の上から脂肪を冷やすものなので、施術には1時間ほどかかります。エステサロンや機器によっては30分で終わることもあるようなのですが、施術時間が短いとそれだけ効果は低くなります。予約する前に施術する時間を聞いておいたほうが良いでしょう。

減量効果を求めているなら選んだ時点で失敗かも

脂肪冷却で得られるのは「サイズダウン効果」がメインであり、体重が減るような減量効果は2の次なので、減量効果を求めているなら「失敗した〜」と思ってしまうかもしれません。

即効性を求めているなら脂肪吸引に向かない

脂肪冷却ですぐに効果が出る人もいますが、個人差があり、ほとんどの人は「すぐに痩せる」というわけではありません。即効性を求めているなら、別の方法を探しましょう。

リバウンドなしとはいえ…食生活が乱れたままだと失敗する

いくら食事制限がいらない、リバウンドしないと言ったところで、食生活が乱れたままではすぐに脂肪が増えてしまいます。特に、施術の前後はカロリーの低いものを選んで食べるようにしましょう。

いかがでしたか?脂肪冷却に失敗した理由は主に

  • 施術時間が短すぎる
  • 即効性を求めている
  • 食生活が乱れたまま

ということがわかりましたね。

ちなみに、脂肪冷却1回の施術で減る脂肪の厚さは2mm程度だそうです。部位や体質、もともとの体型にもよりますが、脂肪が少ない人ほどより効果が出ます。迷っている方はぜひ、初回割引などを使って施術を受けてみてくださいね。

おススメの脂肪冷却サロンはこちら

オススメの脂肪冷却サロンは「ル・ソニア」です!

ル・ソニア

ル・ソニアは、
・強引な勧誘ない
・施術が丁寧
・接客が新設
なので、エステ初めてな方にもオススメです。
初回特別価格もあるので、利用しない手はないですよ!!

-脂肪冷却
-, ,

Copyright© なるほど脂肪冷却 , 2019 All Rights Reserved.